ジャスミン・テイラー=コールマン、BBCニュース

Image copyright Reuters

中国・武漢で発生した新型コロナウイルスはこれまでに何千人もに感染し、中国の一部が封鎖状態に追い込まれている。しかしその元凶である病気そのものには、まだ名前がつけられていない。

コロナウイルスと呼ばれているが、これはこの病気が属するウイルス群の総称でもある。暫定的に「2019-nCoV」と名付けられているものの、呼びにくい。

研究者らは現在、密室で命名に取り組んでいる。BBCの取材では、もう間もなく発表されるということだ。

では、なぜこんなに時間がかかっているのか?

<関連記事>

  • 新型肺炎、中国指導部が対応の「欠点と不足」認める 死者増加
  • 香港の医療者、中国大陸との境界封鎖求めスト 新型ウイルス
  • 新型コロナウイルス、どういう症状が出るのか

米ジョンズ・ホプキンス健康危機管理センターのクリスタル・ワトソン准教授は、「ウイルスの命名は通常、とても遅れるもので、(研究者は)現時点まで公共衛生への対応に注力していた」と説明した。

一方で、「命名を優先する理由もいくつかある」という。

流行しているウイルスを区別するため、科学者らは現時点では「新型コロナウイルス」という名前を使っている。コロナウイルスは、顕微鏡で見ると表面に王冠(コロナ)状の突起があるため、こう呼ばれている。

Image copyright Smith Collection/Gado Image caption コロナウイルスは、顕微鏡で見ると表面に王冠(コロナ)状の突起があるため、こう呼ばれている

世界保健機関(WHO)は、暫定的な名称として「2019-nCoV」を推奨している。発見された年と、新型を表す「n」、「CoV」はコロナウイルスを指している。しかし、それほど広まっていない。

「現在の名称はメディアや一般市民にとっては使いにくいものだ」とワトソン氏は指摘する。

「正式名称がないと、たとえば人々が『中国ウイルス』などの呼称を使い始めてしまい、特定の人々に対する反感を巻き起こす危険がある」

特にソーシャルメディアでは非公式の名称が素早く広がり、抑制するのが難しいという。

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
感染症のパンデミックとエピデミック、エンデミック……違いは?

このウイルスの正式名称を決めるという緊急課題は、国際ウイルス分類委員会(ICTV)という組織にかかっている。

過去のウイルスの流行が、ICTVに注意を促している。2009年に流行したH1N1型インフルエンザウイルスは、「豚インフルエンザ」というあだ名が付けられた。豚ではなくヒトを介して広がるウイルスだったが、この名前のせいでエジプト政府は飼育している全ての豚を殺処分した。

一方、正式名称が問題を引き起こすこともある。WHOは、2015年に流行した中東呼吸器症候群(MERS)について、その名前を批判している。

声明では、「これまで、病気の名前が特定の宗教的・民族的コミュニティーに対する反感を引き起こし、渡航や貿易などへの不当な障壁を生み、家畜の不要な殺害を招いてきた」と指摘。

その上で、名称決定についてのガイドラインを発表している。これによると、新型ウイルスの名前に含んではいけない要素は以下の通り。

  • 地理的な位置
  • 人の名前
  • 動物や食品の名前
  • 特定の文化や産業の名前

またSARS(重症急性呼吸器症候群)のように、名称は短く、病状を説明するものである必要があるとしている。

しかし、米テキサスA&M大学の生物学部長を務めるベンジャミン・ニューマン教授(ウイルス学)は、広く使われる名前には、何か頭に残るようなインパクトが必要だと話す。

「現在、ちまたで使われているほかの名前よりも、言いやすい名前でないといけない」

ニューマン教授は、ICTVの作業部会で命名に取り組んでいる。作業部会は約2週間前に新型コロナウイルスの名称決定に取り掛かり、1つに絞り込むまでに2日を要したという。

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
「治療法ない」新型ウイルス、24時間態勢でワクチン開発を アメリカの研究者ら

ICTVはこの名前を学術誌に投稿しており、数日以内に発表されると見込んでいる。正式名称が決まることで公衆の理解の助けになるほか、研究者らがウイルスとの戦いに集中できるようになると期待している。

ニューマン教授は、「将来、私たちが正しかったかどうかがわかる」と話した。

「私のような人間にとって、重要なウイルスの命名に関わることは、究極的にはキャリアを賭けた仕事よりも長続きし、より人のためになるかもしれない。大きな責任が伴っている」

(英語記事 The coronavirus will finally get a proper name)